0歳からのがん教育
ーかわいいお子さんの将来のために

がん書影

|本の詳細

〝がんは予防できるのです〟
本書のタイトルは、お母さんお父さんがお子さんを授かった瞬間から、お子さんが将来がんにならないように、自覚をもって育てていただきたいという思いを込めています。
がんは予防できる!!「がんにならないようにすること」は難しいことではありません。子どもの時に、がんにならない生活習慣を身につければいいのです。
がんの最大の原因は生活習慣と感染症です。私たちの周りにはがんの原因となるものが多くあり、お子さんは生まれてすぐにその環境に放り込まれます。大切なお子さんが、がんの原因となるものを避け、将来、がんにならない知恵と生活習慣を身につけることは、ご両親の責務です。
書名:0歳からのがん教育~かわいいお子さんの将来のために
著者:笹井 啓資(順天堂大学大学院医学研究科放射線治療学 教授)
◆A5判・242頁(H188×W16  340g)
◆ISBN978-4-909090-04-1 C0077
◆2017年9月発売
◆Cover Design  izumiya
◆装幀絵・扉絵 辻 恵子
●著者プロフィール
新潟県出身
昭和32年2月6日生
昭和56年3月 弘前大学医学部卒業
平成 2年3月 京都大学大学院修了(医学博士)
天理よろず相談所病院医員、京都大学医学部附属病院助手、京都大学医学部講師、助教授をへて、平成12年4月順天堂大学医学部教授、平成14年11月新潟大学医歯学総合研究科教授、平成21年6月順天堂大学医学部教授、2013年4月より現職
●目次
第1部 0歳からのがん教育
第1章 がんを知ろう
がんはどのような病気なのか
がんから体をまもる
日本人のがんの特徴
第2章 小児がんと遺伝性がん
小児がん
遺伝性がん
第3章 がんにならない生活習慣を身につける
がんの原因から体を守る生活習慣
ウイルス・細菌感染
第2部 がんといわれたら、知っておきたいこと
第4章 がんを告げられたら
がんの告知
医療機関の選択
がんの治療法は、どう選択したらいいのか?
がんの治療法
手術
薬物療法
放射線療法
ワクチン・免疫療法
緩和治療・何もしない選択
治療法の選択とセカンドオピニオン
がん治療に伴う利益と不利益
第6章 がん治療における新説・珍説
がんもどき説
がん検診不要論
暖色・サプリメント・怪しげな本
第7章 がんにならないための12か条
●奥付情報
印刷・製本 シナノ書籍印刷株式会社
初版発行 2017年10月10日